【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―

東京都

四方を海に囲まれ、湿潤な気候で降水量の多い日本では、水は身近な存在であり、古来、名所絵や山水画、物語絵など、さまざまな主題の中で描かれてきた。近代以降の日本画においても、海や湖、川や滝を題材とした風景画から、水辺の場面を描く歴史画まで、水が主要なモティーフとなった作品は時代やジャンルを問わず幅広く見いだせる。
本展では、海辺を舞台とし江戸時代に描かれた《源平合戦図》から、《名所江戸百景 大はしあたけの夕立》など雨を描いた名作で知られる歌川広重(1797~1858)の名所絵、高価な岩絵具・群青をふんだんに使って海を表現する川端龍子(1885~1966)の《黒潮》、画家の代名詞にもなっている千住博(1958~)の「滝」シリーズまで、水を印象的に描きだした優品の数々を展示する。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る