印象派からエコール・ド・パリへ スイス プチ・パレ美術館展(東京展)

NEW
東京都

スイスのジュネーヴにあるプチ・パレ美術館は、19世紀後半から20世紀前半のフランス近代絵画を中心とする豊富な美術作品を収蔵している。プチ・パレ美術館は1998年から現在まで休館しているが、今回、日本では約30年ぶりとなるコレクション展を開催。世紀転換期のパリでは、多くの画家たちが実験的な表現方法を探究し、さまざまな美術運動が展開された。プチ・パレ美術館の特徴は、ルノワールやユトリロなどの著名な画家たちに加え、才能がありながらも、あまり世に知られていなかった画家たちの作品も数多く収蔵していることだ。本展では、この多彩なコレクションから38名の画家による油彩画65点を展示し、印象派からエコール・ド・パリに至るフランス近代絵画の流れを紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る