キース・ヴァン・ドンゲン展―フォーヴィスムからレザネフォル

東京都

オランダで生まれ、パリで活躍した画家キース・ヴァン・ドンゲン(1877~1968)。エコール・ド・パリを代表するこの画家の日本では44年ぶりの展覧会となる。戦間期の華やかな時代(レザネフォル)のパリ社交界で絶大な人気を博した肖像画や人物表現を核とし、花や風景を含む絵画に版画やポスターなど国内外の作品が出品される。リズム感のある筆触と鍛え抜かれた⾊彩感覚によってもたらされる、洗練されたヴァン・ドンゲンの芸術世界に迫る。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る