特別展 もしも猫展

愛知県

「もしも、うちの猫が人のように話したら?」そんな想像をしたことはないだろうか。人間以外の何かを人間になぞらえることを擬人化と呼ぶ。
天保12年(1841)頃から、浮世絵師の歌川国芳は猫を擬人化したり、役者を猫にした作品を次々と発表していた。
本展では猫の擬人化作品と、それらを描いた歌川国芳を主軸に据えながら、江戸時代の擬人化表現の面白さに着目。そのなかで、なぜ国芳の作品にかくも惹きつけられるのか、その魅力のありかを探る。
※会期中場面替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る