企画展「宗教美術の世界~平櫛田中コレクションより~」

東京都

平櫛田中は西洋彫塑の表現を取り入れながら、新たな木彫表現を確立したが、若い頃は仏師の高村光雲のもとで木彫を学び、その後も仏像や神像に関心を持ち続けた。
本展では、田中が集めた宗教に関する美術品を紹介する。江戸時代に全国を旅をしながら仏像を刻み続けた円空の仏像と、法隆寺に伝わったとされる塑像を展示する。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る