特別展 秘蔵の小磯良平 ―武田薬品コレクションから

兵庫県

神戸を代表する洋画家、小磯良平は、武田薬品工業株式会社の六代目武田長兵衞と親しく、戦前に出会ってから、亡くなるまでその交流は続いた。武田薬品の美術コレクションには、小磯良平の重要な作品が含まれていた。本展は、同コレクションを神戸市立小磯記念美術館に寄託されたことを記念して開催する展覧会。
本展では、油彩及び素描作品あわせて約40点と、機関紙『武田薬報』の表紙画として約13年間描き続けられた薬用植物画をもとに刊行に至った『薬用植物画譜』に基づき、約150点および資料を紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る