リアル(写実) のゆくえ 現代の作家たち 生きること、写すこと(栃木展)

栃木県

写実表現は洋の東西、古今に限らず追及されてきた。本展は、松本喜三郎らの生人形、高橋由一の油彩画を導入部として、現代の絵画と彫刻における写実表現を検証するものである。
西洋の文脈のみではとらえきれない日本の「写実」が如何なるものなのか、またどのように生まれたのか、その手がかりを探る。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る