デビュー45周年 高橋葉介原画展

秋田県

公式サイト

1977年のデビュー以来、実に45年間にわたり 「怪奇幻想マンガの第一人者」として怪奇と幻想を題材にした深遠な世界観を描き、 毛筆とペンを併用した独特の画風で唯一無二の魅力を醸し出し、読者を魅了し翻弄し続けてきた漫画家・高橋葉介。
2021
年には代表作『夢幻紳士」が40周年を迎え、同年、自身初の画集である 『にぎやかな悪夢』(河出書房新社)を出版。 さらに2022年はデビュー45周年という記念すべき年です。
本展では、45年間で生み出した数多の作品 『夢幻紳士』 『学校怪談』 『もののけ草紙』『怪盗ミルク』などのカラーイラスト原画、 モノクロのマンガ原稿など、総計300点以上の直筆原画を展示します。
さらにショップではオリジナルグッズや直筆サイン入り版画も販売。 マンガカフェではコラボメニューも提供します。美しさと妖しさの饗宴 「ヨウスケの奇妙な世界」を存分にお楽しみください!

高橋葉介 たかはし・ようすけ
漫画家。1956年生まれ。 1977年「マンガ少年」掲載の『江帆波博士の診療室』でデビュー。1981年『夢幻紳士』シリーズ連載開始。1995年「週刊少年チャンピオン」にて『学校怪談』の週刊連載がスタート。2013年、初の総特集『文藝別冊 高橋葉介』刊行。2021年『夢幻紳士』40周年。初の画集『にぎやかな悪夢』刊行。2022年にデビュー45周年を迎えた。

開催概要

  • 会期

    2022年5月1日(日)7月18日(月) 
  • 会場

    横手市増田まんが美術館
    秋田県横手市増田町増田字新町285
  • 観覧料金

    一般 800円

    詳細は公式サイトへ。

  • 休館日

    ※休館日:第三火曜日(517日、621日)

     

  • カレンダーへ登録

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る