生誕150年記念 板谷波山の陶芸

石川県

内側から光り輝くような、柔らかい色調による異国風の意匠。一分の隙もない整った姿。陶芸家・板谷波山が生み出した「葆光彩磁」の作品群は、今もなお私たちを魅了している。理想の作品づくりのためには⼀切の妥協を許さないという強い信念により、端正で格調⾼い作品を数多く手がけた波山は、近代日本陶芸の発展に大きく寄与し、昭和28年(1953)には、工芸家として初の文化勲章を受章した。
明治5年(1872)茨城県下館(現・筑西市)に生まれ育った板谷波山(本名:嘉七)は、東京美術学校(現・東京藝術大学)で彫刻を学んだ。石川県工業学校(現・石川県立工業高等学校)に彫刻科の教員として赴任した後、窯業科創設に際し同科で教鞭をとり、本格的に陶芸を始める。また波山芸術の礎である、器の成型を担当した現田市松は、石川県小松市の出身であることから、石川県は波山と縁の深い土地といえるだろう。
生誕150年を迎える節目の年に開催される本展は、より多くの人々に、波山の類まれなる芸術世界を紹介するものである。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る