北斎 百鬼見参

東京都

古来、日本人は鬼の存在を信じ、暮らしにも取り入れ、ともに生きてきた。神話・伝説、芸能、小説、マンガ、アニメ、ゲームに至るまで、鬼が登場する創作物は数多く、それだけ、鬼は日本人の心に深く根ざし、その精神世界の形成に大きな影響を与えている。そして、古典や芸能、また新たに江戸時代に起こった読本などを題材とする浮世絵にも、鬼は多く登場する。本展では、人気の錦絵「百物語」や版本などから鬼に関連する作品を紹介し、鬼才・北斎がどのように鬼を捉え、表現してきたかに迫る。また、同館初公開となる貴重な北斎の肉筆画も展示。北斎が描くさまざまな鬼が展覧会に集結する迫力ある様子が楽しめる展覧会。
※会期中展示替えあり

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る