生誕150 年記念 板谷波山の陶芸 ~麗しき作品と生涯~

茨城県

陶芸家 板谷波山は、明治5 年(1872)茨城県の下館(現・筑西市)に生まれ、昭和28 年(1953)には工芸家として初の文化勲章を受章し、昭和29 年(1954)には日本画の横山大観とともに茨城県名誉県民の第一号となりました。

波山は、理想の作品づくりのためには一切の妥協を許さないという強い信念により、端正で格調高い作品を数多く手がけました。その一方で、波山は、故郷のまちと人々をこよなく愛し、共に信頼し、共感し合いながら、生きていくことを大切にした人物でもありました。
令和4 年(2022)3 月3 日、我が街、我が国陶芸界の至宝である波山は、生誕150年を迎えます。現在、自然災害やコロナウイルスの影響により、人々が将来に不安を感じています。そのような時代にこそ、波山の作品に表現された美と祈りの世界に癒され、そして、波山の優しさとユーモアにあふれた人生に触れることが必要ではないでしょうか。

そこで、波山の選りすぐりの名作を一堂に集め展覧し、あわせて波山を生んだ筑西の文化的土壌や、波山の人となり、故郷の人々との交流などを紹介するとともに、市内各所でイベントや関連展示などを開催します。

本展覧会は、筑西市内の三つの美術館(しもだて美術館・板谷波山記念館・廣澤美術館)の、官民連携による同時開催となります。
しもだて美術館では、泉屋博古館東京が所蔵する国指定重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」を始めとし、国立工芸館・出光美術館・MOA美術館などが所蔵する波山の代表作を一堂に展覧します。
板谷波山記念館では、波山が郷里の人々に贈った観音像や鳩杖の数々を展示するとともに、東京田端にあった波山の工房を、当時の写真をもとに再現します。
廣澤美術館では、板谷波山の彩磁の名品など約50 点、初公開いたします。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る