令和4年度 茅野市美術館 常設展 第1期収蔵作品展 いのちの輝き・生誕120年 小堀四郎

長野県

地域にゆかりのある作家の作品を収集・展示している茅野市美術館では、令和4年度第1期収蔵作品展にて「いのち」をキーワードに8名の作家の収蔵作品を紹介する。
そのなかで、2022年に生誕120年を迎える洋画家・小堀四郎(1902~1998)を特集展示する。小堀は自然の尊厳や生命の神秘を描き、自身の信じた芸術の道を歩み続けた。疎開を機に滞在した茅野市・蓼科では、その美しく雄大な自然を感受した作品を生み出している。様々な表情をみせる自然、そしてそこに生きるあらゆる「いのち」の輝きをとらえた作品の数々が楽しめる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る