井上雅之 描くように造る

茨城県

本展は、大型の造形作品を中心に日本現代陶芸の第一線を走り続けてきた井上雅之(1957~) の過去最大規模の個展となる。
井上は、ろくろ成形後に割った破片を作品の一部に用いたり、ボル トで陶のパーツを組み立ててダイナミックな作品を作り出したりするなど、従来の常識にはまらない自由な発想で陶の可能性を大きく拡張した。 井上は、本年度末には長きにわたり教鞭をとりつづけてきた多摩美術大学の教授を退官し、作家として新たな一歩を踏み出す。この節目にあたり、企画展示室はじめ館内各所にわたって 大規模に展開される本展では、初期から新作まで約70点を通じて1980年代から現在までの40年間の歩みをたどり、作家の今を紹介する。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る