特別展 名刀正宗と相模伝

愛知県

日本刀の代名詞とも称される「正宗」。鎌倉時代、相模国の刀工である正宗は、明るく輝く地鉄に沸主体の躍動的な刃文を表す作風を完成し、後世に大きな影響を及ぼした。室町時代の武家社会においては将軍へ献上するのに相応しい刀工とされ、戦国時代には織田信長や豊臣秀吉が正宗の刀剣を愛好したことにより、正宗の評価はさらに高まり、江戸時代にはその価値が不動のものとなった。
本展では刀剣の受容の歴史を紐解きながら、尾張徳川家に伝来した正宗と、正宗周辺の刀工による名刀を紹介する。
名古屋市蓬左文庫での企画展「大名の冠・婚・葬・祭」展と同時開催。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る