京都府

没後50年 鏑木清方展(京都展)

公式サイト

令和4(2022)年は、上村松園と並び称された美人画家として定評のある鏑木清方(1878~1972)の没後50年目にあたる。本展は、それを記念して約109件の日本画作品で構成する清方の大規模な回顧展で、同館では初めて、京都でもこの規模の回顧展は実に45年ぶりの開催となる。


江戸の面影を色濃く残した東京に生まれた、生粋の明治東京人たる清方は、その生涯にわたり、江戸や東京にまつわる作品を多く残した。その中の代表的な作品が、長らく行方が分からなくなっていて、平成30(2018)年漸くすがたを現わした《築地明石町》である。本作品は、清方の代表作というだけでなく、近代日本画壇の美人画の最高峰に位置付けられてもいる。同時に現われた《浜町河岸》《新富町》とあわせて東京国立近代美術館の所蔵となったことから、同一法人内の美術館である同館でも三部作の全会期展示が実現。また、江戸・東京の風俗画だけではなく、戯作者であり、毎日新聞の前身にあたる東京日日新聞の創刊に関わった父・條野採菊の影響により幼い頃より親しんだ文学、芝居、歌舞伎、落語に取材した作品でも知られる清方の、《一葉》《野崎村》も会期中展示。美人画だけではない清方の全貌を堪能できる展覧会だ。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る