東京都

孤高の高野光正コレクションが語る ただいま やさしき明治

明治の画家たちは、日本の自然のすばらしさや心のやさしさを誇るかのように堂々と海外に示した。来日した旅人が持ち帰った「絵画」は、日本のみずみずしさそのものであった。
海外に散在した「日本」をひとりのコレクターが1点ずつ半生をかけ蒐集したコレクションを、京都につぎ東京で初公開する。2019年に同館で開催した「おかえり 美しき明治」展に続き、明治のやさしさを届ける展覧会。
なお、本展は「発見された日本の風景」連携展となる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅱ 光陰礼讃 ―モネからはじまる住友洋画コレクション

泉屋博古館東京リニューアルオープンを記念しての館蔵名品展第二弾。 住友コレクションの一角を占める近代洋画は、住友吉左衞門友純(春翠)が明治30年(1897)の欧米視察中のパリで印象派の画家モネの油彩画2点を入手した事に始

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る