東京都

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅱ 光陰礼讃 ―モネからはじまる住友洋画コレクション

泉屋博古館東京リニューアルオープンを記念しての館蔵名品展第二弾。
住友コレクションの一角を占める近代洋画は、住友吉左衞門友純(春翠)が明治30年(1897)の欧米視察中のパリで印象派の画家モネの油彩画2点を入手した事に始まるが、その一方で同時代のジャン=ポール・ローランスなどフランス・アカデミーの古典派絵画も収集した。19世紀末のフランス絵画は、印象派の台頭とともに古典的写実派が次第に衰退していく様相を示すことになるが、住友洋画コレクションには同時代の印象派と古典派の作品がともに揃って収集されているところに特徴がある。
本展は、光を追い求めた印象派と陰影表現による実在感を追究した古典派を「光陰」と捉え、この「光陰」二つの流れから滋養を受けて展開した日本近代洋画の数々を絵画史の流れにそって紹介するもの。「光陰」とは本来「歳月」や「月日」の謂いだが、明治・大正・昭和という激動の時代を経て今に伝わる作品たちがくぐり抜けてきた歳月にも思いを馳せてほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る