東京都

仙厓ワールド ―また来て笑って!仙厓さんのZen Zen 禅画―

江戸時代後期の禅僧・仙厓義梵(1750~1837)は、ユーモアに富んだ書画を通して禅の教えを広く伝えたことで知られている。永青文庫には、設立者・細川護立(1883~1970)が集めた仙厓の作品100点以上が所蔵されており、江戸時代中期の禅僧・白隠慧鶴(1685~1768)の書画とともに当館の禅画コレクションの重要な柱となっている。その全容は、2016年の秋冬展「仙厓ワールド―来て見て笑って!仙厓さんのゆるカワ絵画―」において初めて公開され、話題を呼んだ。
第2弾となる本展では、選りすぐりの仙厓作品に加え、兄弟子にあたる誠拙周樗(せいせつしゅうちょ、1745~1820)など、仙厓周辺の禅僧による書画をあわせて展示し、これまでほとんど取り上げる機会のなかった知られざる禅画コレクションの一端を紹介。さらに、禅画への理解と親しみを深めるため、画題を解説するコーナーを設けるほか、作品の人気投票も開催。仙厓が人々にやさしく説いた禅の世界が楽しめる展覧会だ。
※会期中展示替えあり

開催概要

  • 会期

    2022.05.212022.07.18
  • 会場

    永青文庫
    https://www.eiseibunko.com/
    文京区目白台1-1-1
  • 観覧料金

    当日一般1000円

    詳細は公式サイトへ

  • 休館日

    月曜日(7月18日は開館)、6月21日

    ※新型コロナウイルス感染症、天災、災害等の状況により、臨時に休館や開館時間の短縮を行う場合あり

  • お問い合わせ

  • カレンダーへ登録

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る