茨城県

若冲と京(みやこ)の美術 京都 細見コレクションの精華(茨城展)

京都・岡崎に位置する細見美術館は、1998年の開館以来、古美術を中心とした日本美術のコレクションによって国内外の人々に親しまれてきた。そのコレクションは、大阪の実業家であり茶人としても知られた細見良(初代古香庵)氏に始まり、二代目の實氏、館長の細見良行氏まで続く細見家三代により蒐集されたものである。
細見コレクションの特徴は、各作品の質の高さはもちろん、古代から現代に至る日本の各時代、絵画・彫刻・書蹟・諸工芸の各分野を網羅し多彩であることだ。とりわけ、今日高い人気を誇る琳派や、江戸時代の京の絵師・伊藤若冲(1716~1800)の作品群は、細見家が早くから着目して蒐集を続け、公開してきた非常に貴重なものである。
本展では、細見コレクションの中から、若冲の作品16点を展観するほか、若冲を生み、その異才を育んだ「京」の歴史・文化を伝える美術品の数々を紹介。名所図や物語絵、茶の湯の美術、祭礼図、歌仙絵、琳派の絵画など、重要文化財や重要美術品を含む選りすぐりの約90点を4章で構成し、若冲と「京」の美意識が織りなす日本美術の奥深さを浮き彫りにする。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る