青森県

松本美枝子個展「具(つぶさ)にみる」

本展は、2021年5月から約1年間の延べ3ヶ月のアーティスト・イン・レジデンスプログラムで青森県内でのリサーチを重ね、青森の土地や歴史を再考した新作インスタレーション作品を発表する。
松本美枝子は、出会った人々のものの見方にも触れながら、青森の風景のなかに、厳しい自然の力、あるいは戦争や産業の痕跡などに代表される人為、浮遊する霊魂といった日常に隠れた、しかし確かに生活の基盤をつくり、現代の私たちと繋がる事象を見つけてきた。
青森の風景をみることを通して「土地をまなざすこと」に向かい合う機会となってほしい。

開催概要

直前の記事

細密の世界で魅了した 七宝の美

明治時代に進められた殖産興業政策の下、数多くの美術工芸品がつくられ、それらの輸出で獲得された外貨は近代国家建設の礎となった。その一つである七宝焼も、かつて海を渡ったものが少しずつ里帰りすることで、技と美が再発見されつつあ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る