愛知県

細密の世界で魅了した 七宝の美

明治時代に進められた殖産興業政策の下、数多くの美術工芸品がつくられ、それらの輸出で獲得された外貨は近代国家建設の礎となった。その一つである七宝焼も、かつて海を渡ったものが少しずつ里帰りすることで、技と美が再発見されつつある。
国内では近年、東京の涛川惣助、京都の並河靖之のようにブランドとして銘を入れた作品は、注目されるようになってきた。しかし、名古屋や現・あま市でつくられた尾張七宝は「銘を入れなくても作品の出来栄えを見れば、誰がつくったかは明らかに判る」との考えが強く、職人たちの間に記銘する習慣が浸透しなかった。日本では東西の「両ナミカワ」に比べると、無銘の尾張七宝はその素晴らしさに反して、正当な評価が得られているとはいえない。逆に海外では有銘・無銘にかかわらず、質の良い日本の七宝焼はすべて高く評価されている。
本展では明治時代のものを中心に、超絶技巧で欧米を魅了した七宝焼の美を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る