大阪府

特別展 華風到来 チャイニーズアートセレクション

大阪市立美術館は1936年5月1日に開館した。2022年は86周年を迎えるとともに、秋から約3年間の大規模改修工事に入る予定だ。長期の休館を前に、館蔵品による特別展を開催する。
同館は、関西の経済界で活躍した阿部房次郎が収集した中国書画、山口謙四郎による中国の石造彫刻・工芸などを中心に、国内屈指の中国美術コレクションを所蔵していることが特色である。このほか工芸・仏画・近世および近代絵画といった日本美術にも、中国との関わりを多彩に示す同館ならではの作品が揃う。
本展では、中国美術とその影響を受けた「華風=中国風」の日本美術を選りすぐって、中国文化の魅力と広がりを紹介する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る