新潟県

ボストン美術館所蔵 THE HEROES 刀剣×浮世絵―武者たちの物語(新潟展)

公式サイト

武者絵は『平家物語』のような軍記物語や武勇伝説に登場する英雄(ヒーロー)を描いた絵画である。
浮世絵の祖と言われる菱川師宣の時代から、江戸後期の歌川国芳、明治期の月岡芳年にいたるまで、多くの浮世絵師が武者絵を手掛けた。源頼光、源義経、上杉謙信、武田信玄などの武将のほか、スサノオノミコトの武勇、巴御前のような女武者の奮戦も描かれている。武者絵は伝統的に描き継がれたことで、時代を越えて広く親しまれていた。
本展では、世界最高水準の日本美術コレクションを誇るボストン美術館の所蔵品から厳選した刀剣と武者絵率100%の浮世絵版画、そして武者絵と共通のイメージがデザインされた刀剣の鐔(つば)を通じて、さまざまなヒーローたちの活躍を紹介する。また、武者絵の世界をよりわかりやすく紹介するため、国内コレクションからも刀剣、浮世絵を特別出品する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る