和歌山県

特別展 湯川雅紀 2011-2022

絵画における空間の問題をテーマに独自の表現を探求し続けている、湯川雅紀(1966~ )の近年の制作を紹介する展覧会を開催する。
湯川は和歌山県海南市に生まれ、1989(平成元)年に和歌山大学教育学部を卒業、1991(平成3)年に大阪教育大学大学院美術教育研究科を修了した。その後1996(平成8)年までドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミーに学び、マイスターシューラ―(最高学位)を取得、ドイツを拠点に制作を続けながら日本でも1998年の「VOCA展‘98」でVOCA賞を受賞。2010(平成22)年に帰国した後も、意欲的に制作と発表を続けながら教育にも携わり、現在関西福祉科学大学教育学部の教授を務めている。
本展では、ドイツから帰国以来、現在までの約10年間の湯川の制作に注目して、その作品を展観。多様な円形で層状の画面を構成する湯川の絵画は、作品上に緩やかで複雑な空間を生み出し、時には画面の外へと鑑賞者を促す。本展開催にあわせて制作される最新作も展示する。

開催概要

直前の記事

特別展「がまくんとかえるくん」誕生50周年記念アーノルド・ローベル展(兵庫展)

深い友情で結ばれたふたりのかえる「がまくんとかえるくん」。この物語は日本でも小学校の教科書に採用されるなど、シリーズ最初の本が出版されてから半世紀を経た今なお世界中で愛されている。生みの親であるアメリカの絵本作家アーノル

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る