静岡県

第二次 工藝を我らに 第三回展 資生堂が提案する美しい生活のための展覧会

「工藝を我らに」は2015年から始まった、資生堂アートハウス主催のグループ展。本年のメンバーは、十四代 今泉今右衛門(陶藝)、中條伊穗理(漆藝)、三代 𠮷羽與兵衛(金工)、安達征良(ガラス工藝)の4名。メンバーによる新作に加え、アートハウスの収蔵品や古美術、工業製品など、制作された時代や地域、方法にこだわることなく選ばれた器や道具類を組み合わせ、実際に生活の中で工藝品を用いる場面を想定しての構成が見どころとなる。今回は従来の展示に加え、メンバーが共同で制作した「茶箱」や、愛用の品々を持ち寄って組み合わせた「酒宴箱」など、新たな企画も。「第二次 工藝を我らに」は今年で3回目を迎え、メンバーは本展を舞台に、機知と創意に満ちた新しい制作に打ち込んでいる。会場には生活を楽しみ、人生を彩るためのさまざまなヒントが散りばめられている。
本展は、文化によって生活を彩り、美しさによって暮らしを豊かにしたいと願った資生堂の思いを展覧会の形で表現している。

開催概要

直前の記事

ジャム・セッション 石橋財団コレクション×柴田敏雄×鈴木理策 写真と絵画 -セザンヌより 柴田敏雄と鈴木理策

写真が19世紀に発明され普及し始めた頃と時を同じくして、絵画は印象派をひとつの起点として、それまでの伝統的な表現から大きな変革を繰り返し、そのモチベーションには写真の存在が少なからずあった。他方写真は19世紀半ばの誕生の

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る