石川県

師弟の共演-石川ゆかりの作家と巨匠たち-

作家は自分のスタイルを確立していく過程において、様々なものごとを見聞きして吸収する。なかでも、若き日に出会った師の教えは、最も大きな影響を与える要素のひとつだろう。それはのちに作家活動の芯になるまでの重要性をもったり、師の示唆がターニングポイントになったりする場合もある。本展で紹介する石川ゆかりの作家たちもそれぞれ、様々な場・様々なかたちで師弟関係を結び、厳しい修行を経て自身の作風を追い求めていった。
今回はそんな師弟の関係性に注目。石川県ゆかりの作家とその師の作品を同時に展示し、それぞれの作家が受けた影響やその後の新たな創造への軌跡を、豊富なエピソードとともに紹介する。西洋に飛び出した作家、あこがれを込めて私淑した大家への想い、学び舎での得難い時間――。作家たちの足跡は、かれらのバックボーンを支える重要な経験となり、これらひとつひとつの積み重ねが、今日の石川の美術をつくった作家を育てていった。石川の美術形成を担った作家たち、そしてかれらを育てた巨匠たちの共演が楽しめる。

開催概要

直前の記事

UHB北海道文化放送開局50周年・北海道新聞創刊80周年記念事業 ドレスデン国立古典絵画館所蔵 【特別展】フェルメールと17世紀オランダ絵画展

フェルメールの初期の傑作《窓辺で手紙を読む女》。このたび修復によって塗り潰されていた背景のキューピッドが現れ、描かれた当時の姿を取り戻した。 本展では、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館に次いで世界に先駆けて公開。所蔵

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る