宮城県

特別展「知の大冒険 -東洋文庫 名品の煌めき-」

東洋文庫は、三菱第三代社長岩崎久彌が、1924年に設立した東洋学分野における日本最古・最大の研究図書館である。その蔵書は国宝5点、重要文化財7点を含む、約100万冊に及ぶ。
そこには誰しもがかつて教科書で見たような有名な書籍や、美しい図版、珍しい動植物の図鑑、スケッチや絵画、古地図の類があり、鑑賞者の目を楽しませるものばかりだ。
本展は、これらの書籍を通じて「東洋」と呼ばれた地域をめぐり、日本を含む東洋が、「西洋」、そして世界とどのような関わりをもってきたのかを展示。また、東洋文庫の資料は第二次世界大戦中、宮城県に疎開しており、宮城とのつながりについても紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る