東京都

区制施行90周年記念 館蔵品展 井上長三郎・寺田政明・古沢岩美の時代—池袋モンパルナスから板橋へ

井上長三郎(1906~1995)、寺田政明(1912~1989)、古沢岩美(1912~2000)は、画家を志す熱い想いを胸に上京し、戦前は池袋モンパルナス、戦後は板橋区に住居兼アトリエを構えた。日本や西洋の画家たちに憧れ、戦前に海外より紹介された、フォービスムやシュルレアリスムをはじめとする表現に刺激を受け、それぞれの画風を確立した彼らは、生涯にわたり独自の絵画を追求し続けた。
本展は、激動の時代を見つめ、描き続けた3人の画家の生き様に迫る展覧会。

開催概要

直前の記事

特別展「驚異と怪異 ―世界の幻獣と霊獣たち―」(高知展)

本展は、令和元年に国立民族学博物館(みんぱく)で開催され、好評を博した特別展「驚異と怪異」の一部を巡回するもの。近世以前、ヨーロッパや中東においては、人魚や一角獣といった不可思議だが実在するかもしれない生物や現象が「驚異

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る