京都府

琳派展22 つながる琳派スピリット 神坂雪佳(京都展)

江戸時代に花開いた日本美術の精華・琳派。装飾性豊かな作風で今なお多くの人を魅了している。
近代京都において図案家・画家として活躍した神坂雪佳(1866~1942)は、光悦や光琳ら琳派の活動や作風に共感し、これを新しい時代にふさわしいデザインに昇華させた。雪佳の活動は絵画にとどまらず、染織、陶芸、漆芸、室内装飾や庭園に至る実に多彩なものであった。
琳派展第22弾となる本展では、宗達や光琳、抱一など江戸時代の琳派を辿りながら、マルチアーティスト・雪佳の図案集、雪佳がデザインした工芸作品や絵画を紹介。モダンで愛らしい雪佳の美の世界を楽しんでほしい。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る