愛知県

ミロ展──日本を夢みて(愛知展)

公式サイト

バルセロナに生まれた芸術家ジュアン・ミロ(1893~1983)は、ピカソやダリと並ぶ現代スペインを代表する巨匠として、日本でも永く愛されてきた。しかし、絵画や彫刻、版画、タペストリー、そしてやきものにまで及ぶその旺盛な創作活動の裏に、日本文化への深い造詣があったことはあまり知られていない。
本展では、浮世絵や俳句を通じた日本への憧れが感じられる初期の代表作から、民芸や書、やきものを通じて触れた日本特有の質感を反映した戦後の大作まで、ミロの90年の歩みをたどる。ミロがアトリエに飾っていた日本の民芸品や、世界で初めてミロの本を出した詩人・美術評論家の瀧口修造との共作を含む、約140点の作品と資料が一堂に会する本展は、ミロが「長い間、夢みていた」という日本での、20年ぶりとなる大規模な回顧展となる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る