山形県

木村伊兵衛と土門拳

木村伊兵衛(1901~1974)と土門拳(1909~1990)は、ともに日本における近代写真/リアリズム写真の開拓者として知られている。しかし、その人柄は作風は基本的に大きく異なっていた。木村が小型のライカカメラを愛用し、瞬間的なアングルから人間や風景をさりげなく、かつ流麗にとらえていったのに対し、土門は被写体を細部まで徹底的に凝視するかのような撮影プロセスと緊張感のみなぎる作品によって、自己のスタイルを確立していった。
1930年代初頭にすでに新進気鋭の写真家として注目を集めていた8つ年上の木村の作品から、まだ駆け出しで無名だった頃の土門は大きな刺激を受けていたようだ。その後も長年にわたり、土門は彼の存在をいつか追いつかなければならないライバル=好敵手として意識していた。そして戦後、1950年代にはカメラ雑誌の月例審査を2人合同で行い、全国のアマチュア写真家の間にリアリズム写真の一大ムーブメントを巻き起こすに至った。
本展は、2021年に木村が生誕120年を迎えたことを記念して開催するもの。木村伊兵衛と土門拳という、20世紀の写真史を振り返る上で欠かせない2人の代表作が一堂に会する空間で、それぞれの作品が放つ豊かな個性と、彼らが生きた時代の空気を感じてほしい。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る