岐阜県

塔本シスコ展 シスコ・パラダイス かかずにはいられない! 人生絵日記(岐阜展)

塔本シスコは、1913(大正2)年、熊本県郡築村(現・八代市)に生まれた。養父の傳八は、自身のサンフランシスコ行きの夢を託し、彼女をシスコと命名した。シスコさんが9歳の頃、家業がかたむき、小学校を中退。その後、奉公を重ね、20歳で結婚。一男一女を得たが、46歳の年、夫が急逝。心身ともに不調の日々から立ち直るなかで、子どもの頃から憧れていた絵を描くことに夢中になっていった。
53歳のある日、彼女は大きなキャンバスに油絵を描き始めた。その絵画世界は、何ものにもとらわれない、彼女の胸中に宿る喜びや夢で満たされている。作品の主題は身近な草花や動物たち、そして時間も場所も自由自在にのり越えて、子どもの頃の思い出にまで広がる。生涯にわたって、少女のような純粋さを保ち、自身の喜びと夢を制作の源泉にしていたシスコは、「私は死ぬまで絵ば描きましょうたい」と絵筆を握り続け、2005年に91歳の人生を閉じた。
本展では、これまで広く紹介される機会が少なかったその作品200点以上を集め、ほとばしるように展示室に満ち溢れるシスコ・パラダイスを展覧する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る