東京都

建物公開2022 アール・デコの貴重書

1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の建築としての魅力を存分に堪能できる、建物公開展が今年も開催される。年に一度、これまで毎回テーマを設けて様々な角度から建物公開展をしてきたが、今回は、1920-30年代のアール・デコ期の貴重書に着目する。
1920年代の滞欧中、朝香宮夫妻は当時全盛期だったアール・デコの様式美に魅せられ、帰国した。そしてこの白金の地に自邸を建設するに当たり、主要な部屋の内装設計をフランスの室内装飾家アンリ・ラパンに依頼し、ルネ・ラリックをはじめとしたデザイナーが参加するなど、フランス直輸入のアール・デコ様式を取り入れた邸宅が誕生した。現在は美術館として活用しているが、内部の改造を僅かにとどめ、竣工時の様態を色濃く今に伝えている。
そうした背景から、同館ではフランスの装飾美術に関する書籍や雑誌、1925年のアール・デコ博覧会に関連した文献資料等を所蔵している。本展では、同館が所蔵するアール・デコ期の貴重書を中心に、本館と新館それぞれに展示。華やかなショーウインドウの写真集、博覧会やインテリアの特集雑誌、色鮮やかに表現された絵本など、当時の貴重書を通して装飾性豊かなアール・デコの世界へと案内する。
また、本館では窓のカーテンを開け放ち自然の光を感じる空間で、家具や調度を用いた邸宅空間を再現展示。宮邸時代の雰囲気に想いを馳せながら、建築や室内意匠に注目してほしい。

開催概要

直前の記事

北斎とライバルたち

世界的に最もその名前が知られている浮世絵師、葛飾北斎。北斎は「冨嶽三十六景」に代表される風景画のほか、さまざまなジャンルを手掛け、高い名声を得た。しかし当然のことながら、その頃に活躍をしていた絵師は北斎だけではない。数多

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る