福岡県

木村利三郎展

ニューヨークで活躍した画家の木村利三郎(1924~2014)。「都市」をテーマとし、ビル街で生きる人々の雑踏や喧騒をシルクスクリーンという版画技法で独自の視点と世界観を織り交ぜながら鮮やかに描いた。特徴的な幾何学模様は窓を表しており、ひしめき合う模様からは都市と人とが生み出すエネルギーを感じられる。
本展では、同館所蔵作品からその魅力に迫る。

開催概要

直前の記事

PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス(北海道展)

本展は世界初の長編3Dアニメーション映画『トイ・ストーリー』をはじめ『モンスターズ・インク』、『カーズ』などを手掛けたピクサー・アニメーション・スタジオと、世界最大の科学センターの一つ、ボストンサイエンスミュージアムが共

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る