大阪府

所蔵名品撰 ―和泉市久保惣記念美術館の国宝・重文―

令和4年秋に、和泉市久保惣記念美術館が開館40周年を迎えることを記念して、本年度は1年を通して、同館の多岐にわたる所蔵品を分野ごとに分けて紹介する、「コレクションのあゆみ」と題した4つの展覧会を順次開催する。
同館のコレクションのはじまりは、久保惣株式会社と久保家から和泉市に寄贈された美術品約500点(第一次久保惣コレクション)に遡ることができる。国宝2点を筆頭に、奈良時代から鎌倉時代までの仏教美術と古筆、墨蹟、絵巻、桃山時代の陶磁器、日本と中国の青銅鏡などの重要文化財29点が含まれる。
本展では、これら第一次久保惣コレクションの国宝と重要文化財を中心に、同館の所蔵品の核をなす東洋古美術の優品約40点を展示替えを行いながら展覧する。珠玉の美術品との出会いが楽しめる貴重な機会となる。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る