山梨県

フランソワ・ポンポン展(山梨展)

公式サイト

フランスの彫刻家フランソワ・ポンポン(1855~1933)の日本で初めての回顧展。ロダンの下彫り職人としてキャリアを積んだポンポンは、20世紀初頭に動物彫刻家として歩み始め、《シロクマ》に代表される、単純でありながら優美な形状をもつ独創的な動物彫刻で世に認められた。その作品は現代でも親しみを感じられる普遍性を持っている。
本展では、ポンポンの作品と資料を多数所蔵する群馬県立館林美術館等の作品により、動物彫刻の新たな表現を拓いたポンポンの魅力を紹介する。

開催概要

直前の記事

魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧

「ドールハウス」とは、人形の家、女の子のおもちゃ……そんなイメージが強いが、実はそれだけにとどまらない。日本語でぴったり当てはまる言葉がなく、「小さい家」が近い訳になるが、外装だけでなくインテリアも含め、精巧な再現性を誇

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る