高知県

没後70年 山脇信徳展

没後70年となる画家・山脇信徳(1886~1952)の展覧会を開催。高知市に生まれた山脇は、東京美術学校在学中の1909(明治42)年、第3回文展に出品した《停車場の朝》で注目を集めた。現在は焼失してしまった本作は、印象派風の作風で陶芸家・バーナード・リーチや彫刻家・高村光太郎の目に留まり、印象派の画家モネと重ねて称賛された。その後も美術展出品を続け、白樺派の作家たちと交流するなどし、1912(明治45)年に東京を離れる。滋賀県で中学校の図画教員を務めた後、満州勤務を経て、欧州へ留学。帰国後は高知に暮らし、欧州でのスケッチを基にした作品や高知を主題とした絵を描いた。同時代の芸術家との交流も続ける一方で、高知県展発足や後進芸術家の育成に尽力するなど、故郷の文化芸術推進に大きな貢献をした。
本展は、同館所蔵の山脇信徳作品約60点を同時代の作家たちの作品とともに紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る