栃木県

生誕110年 香月泰男展(栃木展)

香月泰男(1911~1974)は20世紀中葉の日本美術に大きな足跡を残した画家である。香月は現在の山口県長門市三隅に生まれた。1934年、東京美術学校在学中に国画会展に初入選し、画壇デビューを果たす。
考え抜かれた構図により少年や静物が逆光のもと描かれた初期作品は、みずみずしい抒情を湛えている。画家として順調なスタートを切るが、さらなる展開を目指す矢先、戦争に駆り出され、終戦後シベリア抑留の憂き目に遭う。1947年帰還、以後故郷を離れることなく画業に専念した。
戦後は、戦争と抑留体験が主なモチーフとなった。57点に及ぶ「シベリア・シリーズ」は生涯の代表作だ。戦争の惨禍と苦しい抑留生活の記憶、死者への鎮魂の思いが暗い色調と重厚なマチエールによって画面に込められた。ただ、注意すべきは、時たま明るい色彩が現れることである。それらの中には、生きる希望が色彩となって澄んだ光を放っているものもある。色彩は初期の作品と通じるものだ。晩年の香月には色彩への回帰が認められる。通例、「シベリア・シリーズ」は召集から帰還まで時系列に沿って展示されてきたが、本展では制作年順に配置し、徐々に明るくなる画風の変遷をたどる。
本展は各年代の代表作をはじめ関連素描など約150点で構成。「シベリアの画家」にとどまらない香月の多彩な全体像を紹介し、初期から晩年を貫く本質に迫る。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る