秋田県

特別展 川瀬巴水 旅と郷愁の風景(秋田展)

大正から昭和にかけて活躍した木版画家・川瀬巴水(1883~1957)。日本全国を旅し、庶民の生活が息づく四季折々の風景を描いた巴水は、「旅情詩人」「昭和の広重」とも呼ばれ、今日まで多くの人に愛され続けている。巴水の画業に大きな影響を与えた版元の渡邊庄三郎は、伝統的な木版技術の復興と普及を目指し、海外にも通用する木版「美」の構築を目指す「新版画」を推進した。巴水は、庄三郎とともに意欲的に木版画制作を行い、「新版画」を代表する画家として活躍した。
本展は、『旅みやげ』や『東京二十景』など、まとめて見る機会の少ないシリーズ(連作)を中心に紹介。日本の風景を詩情豊かに描いた作品が、観るものに郷愁や安らぎをもたらす巴水版画の世界へと誘う。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る