青森県

持続するモノガタリ—語る・繋がる・育む 八戸市美術館コレクションから

作品(モノ)が語ることと、作品を語ることの2つの意味での「モノガタリ」によって、コレクション(収蔵作品)の物語を持続させること。それが美術館の使命であり、本展のテーマである。
作品は、色彩や形、微細な筆致で視覚的に私たちへ語りかけ、また、誰もが作品を語ることで物語を生み出している。そうして生まれた大小無数の物語は、目には見えないけれども作品を彩る存在だ。
本展では、八戸市美術館のコレクション成立の歴史や風景、人々の交流といった時間・場所・人を切り口にして、作品とともに人々の語りを展示する。
※会期中展示替えあり

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る