長野県

特別企画展「浦上コレクション 北斎漫画 驚異の眼・驚異の筆」

世界でその名を知られる江戸の浮世絵師、葛飾北斎(1760~1849)。北斎が残した数々の名作の中でも、「冨嶽三十六景」と並ぶ代表作として知られるのが『北斎漫画』である。弟子たちの絵手本として1814(文化11)年に初編が刊行されると、庶民の絶大な人気を博して版を重ね、北斎没後の1878(明治11)年まで全15編が刊行された。
人々の生活や動植物、自然現象や各地の名勝、さらには神仏、幽霊まで、森羅万象のあらゆるものをいきいきと描き出した。洒脱な筆遣いとダイナミックな構図、人々の特徴や一瞬の動きをとらえたユーモラスな描写は、自ら「画狂老人」と称して90歳まで絵を描き続けた北斎の、驚くべき画力、眼力を雄弁に物語っている。
本展では、世界一の質と量を誇る、浦上満氏の『北斎漫画』コレクションより、摺りが早く保存状態の良い選りすぐりの約200点を紹介。世界の画家たちを惹きつけ、今なお私たちを魅了してやまない北斎芸術のエッセンスが凝縮した『北斎漫画』の世界をじっくりと楽しめる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る