奈良県

歩々清風 -日本画家 上村松園・松篁・淳之三代の歩み-

明治から令和まで続く、上村松園・松篁・淳之と三代にわたる日本画家の画業を辿ると、激動の時代の中であっても、一人の作家として貫いた絵画世界からは、時代を超えて今なお強いメッセージが感じられる。
上村松篁(1902~2001)は少年時代に「道というものは生命より尊いものだ」という言葉から、自分にとっての一筋の道は絵の道だと心に決め花鳥画家を志し、制作を続けてきた。一方で自分の歩いてきた道は正しい道だったのか、思い悩む。しかし八十をすぎた頃、ある禅の老子から「道を歩くときは〝歩々清風〟の歩き方でなくてはならない」という言葉に、自分の道は少なくとも濁風は吹いていなかった、と初めて自信がわいてきたと語っている。本展は、時代に流されることなく普遍の美を追求し、独自に歩々清風の道を歩み続けた三代の画業を展覧する。

開催概要

直前の記事

ミニマル/コンセプチュアル:ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術(兵庫展)

ミニマル・アートは、主に1960年代のアメリカで展開した美術の潮流である。作家の手仕事やその痕跡を廃し、工業用素材や既製品を用いて、単純で幾何学的な形やその反復から成る作品を制作した。ミニマル・アートに続いて現れ、同時代

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る