東京都

特別展「最後の浮世絵師 月岡芳年展」

公式サイト

幕末から明治時代に活躍し、「最後の浮世絵師」とも呼ばれる月岡芳年(1839~1892)の画業に焦点を当てた展覧会。
月岡芳年は天保10(1839)年、江戸の新橋に生まれた。幼い頃から画業を志し、12歳のとき、奇想の絵師と呼ばれる歌川国芳(1798~1861)に入門し、15歳の若さで画壇にデビュー。その後22歳頃から本格的に浮世絵師として活動をはじめ、54歳で没するまでの間に多くのすぐれた作品を世に送り出し続けた。その生涯で手がけた作品数は、一説には1万点にもおよぶと言われている。
芳年といえば、「英名二十八衆句」などの無惨絵に見られる、残酷な作品を思い浮かべる方も多いだろう。しかし、そうした血生臭いものは芳年が若年の頃に発表された、ごくわずかのシリーズに見られる傾向にすぎない。芳年の作品全体をとおして見ると、勇壮でスピード感あふれる武者絵、歴史画や大衆好みの巷の事件を集めた錦絵新聞の挿絵、日本近代美人画の先駆け的な要素を感じさせる美人画など、実に多種多様であることがわかる。近年では、芳年作品が持つ人物の内面性までも表現する的確な描写や、西洋画の写実性を加味し、静謐さと緊張感が高い次元で響き合う稀有な画風など、その魅力が多角的な視点から評価され、人気が再燃している。
本展では、昨今の芳年芸術への再評価の流れに鑑み、芳年の集大成的作品である「月百姿」をはじめ、「新撰東錦絵」、 「新形三十六怪撰」といった円熟期の傑作を中心に150点を展示。柔軟な発想とたくましい絵心で幕末明治の浮世絵界を駆け抜けた芳年芸術の世界が楽しめる。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る