東京都

仏教絵画 浄土信仰の絵画と柳宗悦

美学者としても知られる柳宗悦は、造形物に美が宿る原理を仏教思想に求めた。特に浄土思想は柳の思想形成に大きな影響を及ぼし、晩年の1955年には柳著作の最高傑作とも評される『南無阿弥陀仏』を上梓している。
本展は、これまでまとめて紹介されることがなかった、柳が蒐集した中世の仏教絵画が見られる貴重な機会となる。

開催概要

直前の記事

井上悟の世界

井上悟(1931~)は、1960年東京藝術大学美術専攻科油画先行修了。在学中の1959年に国画会展新人賞を受賞した。1963年国画会会員に推挙され、1974年安井賞佳作賞を受賞、その後多くの個展を開催するなど、現代洋画界

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る