京都府

コレクション 春 ―所蔵作品による名品展

ワシリー・カンディンスキー《コンポジション》1922年

アサヒビール大山崎山荘美術館は、1996年春に開館した。所蔵品の中核を成すのが、クロード・モネ《睡蓮》をはじめとする西洋近代絵画と、開館に際して寄贈された、朝日麦酒株式会社(現アサヒビール株式会社)初代社長・山本爲三郎による民藝運動ゆかりのコレクションである。本展では、同館のおよそ1000件の所蔵品から選出した、多彩な作家たちとその作品を紹介する。
地中館では、モネ《睡蓮》をはじめ、シニャック《ヴェネツィア》など水の情景を特集し、「地中の宝石箱」の名にふさわしい小さくも見ごたえのある空間が楽しめる。山手館は、カンディンスキー、クレーをはじめ印象派以降の主要な芸術運動に関わった作家を、本館では、生誕135年のバーナード・リーチと同じく120年のルーシー・リー、英国陶芸を代表する二人の作品をその関係性からひも解く。
美術館の庭園に花々が咲き誇る春から、池が睡蓮で満ちる初夏のころ、遺された貴重な建築物や美しい風景とともに、珠玉の逸品を堪能できる展覧会。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る