岡山県

人を描く 人のすがたと暮らしを捉えた絵画

画家は様々なきっかけで人物を描き、多種多様な人物画を残してきた。人物画は風景画や静物画よりも早くから描かれてきた主題である。人物画といえば特定の人間の外観を表現した「肖像画」、人体の美しさを追求した「裸体画」が主にあげられるが、人々の日常生活を描いた「風俗画」も人物画のジャンルといえる。
本展は、同館コレクションの中から人物が描かれた作品を三つの分野に分けて展示。郷土作家の多彩な人物表現を紹介する。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る