吉阪隆正展 ひげから地球へ、パノラみる

東京都

吉阪隆正(1917~1980)は戦後復興期から1980年まで活躍した建築家。「考現学」の創始者として知られる今和次郎や近代建築の巨匠ル・コルビュジエに師事し、人工土地の上に住む住宅《吉阪自邸》、文部大臣芸術選奨(美術)を受賞した《ヴェネチア・ビエンナーレ日本館》、日本建築学会賞を受賞した《アテネ・フランセ》、東京都選定歴史的建造物に指定された《大学セミナー・ハウス 本館》などを手掛け、コンクリートによる彫塑的な造形を持った独特の建築で知られている。
一方で、建築だけにはおさまらない領域横断的な活動に取り組み、地球を駆け巡ったその行動力から、建築界随一のコスモポリタンと評されてきた。本展は、吉阪隆正の活動の全体像にふれる公立美術館では初の展覧会となる。

開催概要

最新一覧

美術展一覧へ戻る

新着情報をもっと見る