東京都

生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展

日本の映像史に重要な位置を占める「特撮(特殊撮影技術の略称)」領域に大きな足跡を遺した特撮美術監督、井上泰幸の個展。
2022年に生誕100年を迎える井上泰幸(1922~2012)は、特撮のパイオニアである円谷英二(1901~1970)のもと、「ゴジラ」(1954)から特撮美術スタッフの一員としてそのキャリアを本格的にスタートした。以降、デザイナー/特撮美術監督として、特撮映画のみならず日本映画・TV史において重要な作品を数多く手がけ、映像文化を支えた稀有な作り手だ。
本展では、井上の遺したスケッチ、デザイン画、絵コンテをはじめ、記録写真や資料、撮影で使用したミニチュアやプロップ、当時を再現したミニチュアセットなどの展示を通して、その功績と日本の特撮映像史を紹介する。作品点数約500点を予定。

開催概要

直前の記事

最新一覧

美術展一覧へ戻る