滋賀県

春季特別展「懐石の器 炉の季節」

公式サイト

日本人にとって、もてなしとはご馳走することであった。ご馳走とは文字通り、馳せ(馬を速く走らせ)走り(人が走り)、いろいろな食材を集めて客をもてなすこと。力を持つ者にとっては、その力を表すためのご馳走になるので、政治的な宴会料理は、豪華さを競うような方向に発展した。見た目は立派でも、とてもおいしいとはいえぬ料理になってしまった。
ところが、こうした宴会料理に真っ向から対立する考えを持った料理が、桃山時代、茶の湯の成立と共に現れた。それが茶の湯の「懐石」だ。懐石とは“ふところの石”。禅僧が坐禅を組む時、石を温めて懐にいだき、一時の空腹をおさえたという伝承から生まれた言葉で、お茶をおいしく頂くための簡素な料理の呼び名である。それは豪華な献立を誇るのではなく、心のこもった、おいしくて実のある新しい料理の形だった。懐石にはいくつかの特徴が挙げられる。お客様が料理を一番おいしく召し上がれるよう、出来立てを一品ずつ運ぶこと、亭主自ら給仕し楽しく主客交流すること、遠くの珍しい食材に重きを置かず身近な旬の食材を客の好みに合わせ工夫する事、最後まで頂いてもお腹に丁度良い量であること、さらに、料理にふさわしい器を楽しむことなどだ。この形をはじめたのは千利休であり、江戸時代中期頃にはさらに形式が整い、今日の懐石となっていった。
MIHO MUSEUMの創立者である小山美秀子は、娘時代から茶の湯の稽古をたしなみ、茶の湯は人として基本の礼法や常識を育む高度な日本文化であると考えていた。MIHO MUSEUMのコレクションは、茶道具から始まったのだ。
本展では同館所蔵の懐石の器から、名品を選りすぐって展観。また江戸時代の近衞家当主であり貴族として最高の茶人でもあった近衞予楽院の茶会記をもとに、当時の茶会で乾山や和ガラスの器がどのように使われていたかも紹介する。最後の展示室では、同館所蔵の大井戸茶碗「小一文字」(益田鈍翁・松永耳庵旧蔵)を初出品し、光悦や乾山の名碗と共に、茶道具の取り合わせも楽しめる。日本人の豊かな感性が生み出してきた懐石の器を存分に堪能できる展覧会。

開催概要

直前の記事

泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅰ 日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京

住友コレクションは、世界的な青銅器コレクションをはじめ、中国絵画、日本の古画や工芸、西洋絵画に至るまで、幅広いジャンルの美術品が含まれている。その一角を占める近代日本画は、住友家第15代当主・住友吉左衞門友純(号春翠)を

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る