東京都

没後50年 鏑木清方展

公式サイト

鏑木清方(1878~1972)の代表作として知られ、長きにわたり所在不明だった《築地明石町》(1927年)と、合わせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》(どちらも1930年)は、2018年に再発見され、翌年に同館のコレクションに加わった。本展は、この三部作をはじめとする109件の日本画作品で構成する清方の大規模な回顧展となる。
浮世絵系の挿絵画家からスタートした清方は、その出自を常に意識しながら、晩年に至るまで、庶民の暮らしや文学、芸能のなかに作品の主題を求め続けた。本展では、そうした清方の関心の「変わらなさ」に注目し、いくつかのテーマに分けて作品を並列的に紹介。関東大震災と太平洋戦争を経て、人々の生活も心情も変わっていくなか、あえて不変を貫いた清方の信念と作品は、震災を経験しコロナ禍にあえぐいまの私たちに強く響くことだろう。
※会期中一部展展示替えあり

開催概要

直前の記事

サンセット/サンライズ

「サンセット(日没、夕暮れ)」と「サンライズ(日の出、夜明け)」。それは、毎日、誰にでも、平等におとずれる美しい自然現象。生きとし生けるものはすべて、この宇宙に流れる悠久のリズムに寄り添いながら生きている――。 「サンセ

続きを読む

最新一覧

美術展一覧へ戻る